2017-07-31

森大祐(EN VEDETTE) 2017.August. 10th

1:どうしてお店を開かれたのですか?そのきっかけを教えてください。

森大祐 : この職業に就いてからの夢でした。

EN VEDETTE(アン ヴデッド)は、去年10月にオープンということですが、まだ新しいお店なんですね。内装でこだわった点を教えてください。

森大祐 :
シンプルモダンと、美濃和紙を使用したオリジナル照明と、畳のテーブル。和と洋を融合しました。


3: EN VEDETTE(アン ヴデッド)では、どんなケーキを作っていますか?自分のケーキのアプローチをひとことで言うと?

森大祐 :常においしいものを目指しています。

4:ケーキのプロセスにおいて、一番難しいと思うものは?また、大切にしていることは?

森大祐 :品質。

5:EN VEDETTE(アン ヴデッド)のおすすめのスペシャリテを教えていただけますか?

森大祐 :
「EN VEDETTE。ラムレーズンと松の実のチョコレートケーキです。


6:清澄白川は緑がたくさんあって、キレイな街だなと思っていますが、お店のまわりで気分転換に使う好きな場所を教えてください。

森大祐 :EN VEDETTE。お店にこもっています。

7:パリ「ローラン・デュシェンヌ(Laurent Duchene)」「モワザン(MOISAN)」で働いていたそうですが、どんな感じだったのですか?渡仏のきっかけは?

森大祐 :
きっかけ・・・学生の時に旅行で行き、いつかはこの町で働きたいと思ったからです。フランスでは、お菓子が身近で、お菓子を作る楽しさを感じました。


8:フランスと日本の違い、難しさはありましたか?

森大祐 :
食文化。味付けの感覚が違うため、難しさもあり勉強になりました。


9: フランスと日本の違い、難しさはありましたか?

森大祐 :ディスプレイ。

10:フランスでお気に入りの場所を教えてください。

森大祐 :マレ。

11:フランス語の習得は難しかったですか?

森大祐 : はい、いまだに難しいです。

12:自分にとってのビックチャンスはいつでしたか?

森大祐 : 特にありません。

13:フランスらしさを反映するということはお店にとってどんな意味がありますか?

森大祐 :
フランスらしさではなく、自分らしさを出すことをフランスで学びました。


14:流行の味覚というものをどう意識していますか?

森大祐 :
食べ歩きをすることで、自分の味覚の変化を楽しんでいます。


15:あなたにとって「うつくしい」とはなんですか?どんな意味ですか?どんなものでしょうか?教えていただけますか?

森大祐 :
おいしい。おいしさの中には、美しさも必要だから。洗練されたもの。


16:次に挑戦してみようと思っている事を教えてください

森大祐 : 常に店舗の進化を求めながら、挑戦し続けています。

(This email's interview is current as of March 2017)
-----------------------------------------------------------------------------------
The Credit will read:
Posted with permission from 森大祐 ( EN VEDETTE )
Related website LINK: EN VEDETTE(アン ヴデッド)

森 大祐(DAISUKE MORI)シェフ プロフィール
岐阜県出身

「グランド ハイアット東京」で勤務ののち、渡仏。パリ「ローラン・デュシェンヌ(M・O・F)」「モワザン」にてシェフ・パティシエとして勤務。帰国後、東京 豊洲 パティスリーSAKURAのシェフ・パティシエとしてオープニングから携わり、 新歌舞伎座 開場記念土産「KABUKU~へん」を開発。日本洋菓子協会連合会公認技術指導員、就任。2016年10月、「EN VEDETTE(アン ヴデッド)」開業。TV、雑誌、書籍などを通じ、シェフの地位向上を図る活動も行っている。

受賞歴
・シャルル プルースト 一般味覚審査 優勝

・ディジョン アントルメ&ピエスモンテ部門 優勝

・ガストロノミック アルパジョンコンクール 2位入賞

・シラ ヨーロッパ杯(飴細工) 3位入賞 
 
・イタリアミラノ万博パティシエ世界大会 日本代表 個人部門4位 他

shop 情報: EN VEDETTE(アン ヴデッド)
[住所]:東京都江東区三好2-1-3
[TEL]:03-5809-9402
[営業時間]:
(月・火・木・金・土)10:00~19:30
(日)10:00~19:00
[定休日]:水曜日

Questioner: Yukiko Yamaguchi
----------------------------------------------------------------------------------- webmagazine kimbou:on line free paper TOP ページへ
webmagazine kimbou:home