2010-02-18

ティム・ノードウィンド( OKGO ) 2010.February.20th.

1:子供の頃、あなたはどんな子供でしたか?

ティム・ノードウィンド:

子供の頃はものすごくシャイだった。10歳の頃、演劇にとても興味を持ち、ようやく自分の殻を打ち破って社交的になった。でも最近思うのは、自分自身でいるよりもキャラクターを演じているほうが楽だということ。素の自分になると、またすごくシャイになる。



2:OK GOの命名は美術の先生だそうですが それは本当ですか?

ティム・ノードウィンド:

うん、バンド名は当時の美術の先生の言葉から取った。ダミアン(vo.)と僕は、僕が11歳、彼が12歳の時に、美術キャンプで会った。マジにかっ飛んでいる美術教師で、僕達にサイケデリックな教えを授けてくれた。サプライズだらけのレクチャーの最後には毎回、「Ok go」と言っていた。彼がとりこにした幼いオーディエンスに、おかしくて素敵な世界を作り出させるために。



3:学生の頃、美術の時間は好きでしたか?

ティム・ノードウィンド:

学生時代は、美術、音楽、演劇の授業が楽しみだった。



4:OK GOのMVの制作にはどのくらいかかわっていますか?

ティム・ノードウィンド:

僕達は自分達のビデオ制作に深く関わり、手掛けている。音楽と同じ位真剣に作っている。ビデオ制作はオーケー・ゴーの活動の一部。音楽と同じ位アートだし、実に楽しんでいるよ。



5:撮影中思い出に残っていることは?

ティム・ノードウィンド:

ちょうど、最新アルバム収録曲「ディス・トゥー・シャル・パス」のビデオを作ったところ。LAのSynnLabsという科学者集団と、ルーブ・ゴールドバーグ・マシーン(訳注:アメリカの漫画家ルーブ・ゴールドバーグが考案した、シンプルな動作を行うのに敢えて複雑なからくりを多用する仕組みによる表現方法)を3階建ての倉庫に建設した。優秀な人達とこんなスケールで仕事出来たのは最高だった。機械は見事に完成し、ビデオも素晴らしい。



6:日本でのライブの感想は?

ティム・ノードウィンド:

日本でプレイするのは最高。全員、いつでも楽しみにしている。スペシャルなのは、日本のファンはいつだって最高にクールなプレゼントをくれること。ユキという女性は、僕がロケット船に乗っているカッコいいバラバラ本を作ってくれた。



7:ツワー中 声を守るため 特に気をつけていることはありますか?

ティム・ノードウィンド:

コンサート前にはいつもヴォーカルのウォーム・アップのために、45分間のヴォーカル・エクセサイズをやっている。ウォーミング・アップして声の調子を整えるのは、喉の疲労を防ぐベストな方法だ。他には、睡眠をしっかり取る様に心掛けること、タバコを吸い過ぎないこと、酒を飲み過ぎないことが喉の健康にとても大切。



8:Here It Goes Again などダンスや運動がビデオが沢山MVシーンに
ありますが体力に自信はありますか?普段どんな運動をしていますか?


ティム・ノードウィンド:

時間がある時は、エクセサイズを楽しんでいる。踊るのは楽しいけど、あまりやらない。ギタリストのアンディはほとんど毎日エクセサイズしていて、尊敬するよ。エネルギーがどこから出てくるのか不思議だ。でも、うん、アンディは強いよ!



9:カラオケで歌った事はありますか?何を歌ったりしますか?

ティム・ノードウィンド:

ああ、カラオケは楽しいね。日本とアメリカ両方でやったことがある。いつもA-HAの「テイク・オン・ミー」を歌う。この間はもうちょっとヒーロー気分で、ボニー・タイラーの「ターン・アラウンド・ブライト・アイズ」を歌った。



10:有名スタイリストをつけていますか?普段、あなたはどういうスタイルをしますか?

ティム・ノードウィンド:

僕にとってスタイルとは本当に日々のこと。同じものを長い間着続けるのがあまり好きじゃない。時にはスーツを、他の日にはジーンズとセーターを着たくなる。本当に気分。僕達は自分達で全部スタイリングする。もしもっと忙しくなったら、友達に買い物とスタイリングを頼むよ。



11:好きな音と嫌いな音は何ですか?

ティム・ノードウィンド:

正弦波の音のように、とても純粋でリラックスできるもの。歯軋りの音は大嫌い、イライラする!



12:あなたにとって「美」とは何ですか?

ティム・ノードウィンド:

しばしば静かで、ピン・ポイントで捉えるのが難しいもの。星が一つ残らず見えるような、澄み切った夜空が大好き。美とは、何か僕を平和な気持ちにするものだと思う。



13:あなたにとって 静寂とは何か?

ティム・ノードウィンド:

静けさとは反射・反響。静かな時、僕に残される全てが自分の思考に思える。僕にとって真の意味の静寂は滅多にないけれど、その時はその瞬間を楽しむよ。



14:あなたのリラックス法を教えてください

ティム・ノードウィンド:

疲れたり緊張したりしたら、独りになって、落ち着くまで深呼吸する。クラシック音楽も気持ちを穏やかにしてくれるから、横になって聴くこともある。



15:どんな鳥が好きですか? 

ティム・ノードウィンド:

アオカケスは本当に美しい鳥だけど、一般的じゃないかな。僕が育ったミシガンではよく見た。独特の色で、周りにいると素敵な鳥に感じられた。ただ木に止まっているだけなのに。



16:今後の方向性は?

ティム・ノードウィンド:

年内はワールド・ツワーに出て、ビデオも沢山制作するよ。



17:日本の女の子(ファン)にメッセージを御願いします

ティム・ノードウィンド:

ハロー、日本のファン!東京の代官山UNITでプレイするのが待ち切れない。プレゼントを作って欲しいな、全員プレゼント好きだから!!!!!すぐに会おう。 Xo.オーケー・ゴーより 



(This email's interview is current as of February.2010)

--------------------------------------------------
The Credit will read:
Posted with permission from EMI Music Japan.
All rights reserved by Tim Nordwind ( OK GO ).
OK GO related website LINK:Universal Music Japan

Questioner:Yukiko Yamaguchi
Translation:EMI Music Japan
Thank you for your cooperation : EMI Music Japan

OK GO Profile:
ダミアン・クーラッシュ(vo,g)とティム・ノードウィンド(b)が中心となり、1999年にシカゴで結成した4人組パワー・ポップ・ロック・バンド。ニューウェイブを土台にしたサウンドと、独自のユーモア・センスが発揮されたビデオで世界ブレイク。2005年のシングル「ヒア・イット・ゴーズ・アゲイン」のビデオはYouTubeで累計4,700万回を超える視聴記録を更新中。You Tubeビデオ・アウォーズや2007年グラミー賞(r)短編ミュージック・ビデオ部門の最優秀賞を受賞。また、演劇や執筆、モデル、ニュー・オーリンズのハリケーン被災者へのチャリティ、インターネットの中立性を米上院公聴会で証言する等、各自の多彩な活動でも注目される。鬼才デイヴ・フリッドマン・プロデュースのサイケデリック・ファンクな新作『オブ・ザ・ブルー・カラー・オブ・ザ・スカイ』を引っ提げ、2010年に2/26に一夜限りの日本公演が決定した。


NEWS:
最新アルバム『オブ・ザ・ブルー・カラー・オブ・ザ・スカイ
リリース記念のジャパン・ツアーを大成功のうちに終えて、2nd
シングル「ディス・トゥー・シャル・パス」のプロモーション・
ビデオの新ヴァージョンが完成。NASAの科学者集団らを動員し、
4ヵ月掛けて大掛かりな仕掛け装置を組み立て、撮影したユニー
クなビデオは、米西海岸時間 3/1(月)16:00から、
http://www.okgo.net/で視聴可能 だそうです。

-----------------------------------------------------------------------
Webmagazine kimbou English ページへ Web magazinekimbou : English
webmagazine kimbou:on line free paper TOP ページへ webmagazine kimbou:home

2010-02-06

クリア・ブレッカン(ミュージシャン) 2010.February.20th

1:『Pullhair Rubeye』と『Wildering』というふたつの
作品の中でどのCDまたはどの歌が一番好きですか?


クリア・ブレッカン:

wildering が好き。(「わからない」とも言えます)
多分、私がソロになって作曲、プレイした最初の曲だから。



2:ソロを歌うきっかけは?

クリア・ブレッカン:

ソロならいつもでも歌えますから。



3:曲のインスピレーションをどのように得ていますか?

クリア・ブレッカン:

あんまり意識したことないのですが 音楽性とか周りの友達とか 引っ越をしたりなどの変化が 創作意欲を刺激して かなりの時間が「仕事」で埋め尽くされた時期がありました。そのクリエイティブで忙しい時だった頃を考えると 曲のインスピレーションって、色々で同じことってことはないですね。


あなたにとっての創作の源とは?
クリア・ブレッカン:
私の中のひらめきに感謝しています。



4:あなたにとって「美しい」とは何ですか?

クリア・ブレッカン:

感覚を通じて内面を揺り動かされるもの。



5:好きな音、嫌いな音は何ですか?

クリア・ブレッカン:

ちょうど今、微風がすごくここちよく木の葉が揺れています。
好きな音は 心臓の音。
嫌いな音は 3か月ほどの間、「憎しみ」の感情を経験してしまいました。その後、激しい感情を断ち切ったのですが、こんな感情を二度と経験しないですむよう願っています。憎しみが私の声に、怒りの響きを与えたと思います。私の音楽は「怒り」ではないですが、こういった経験も創作の一部だっていうのはわかっています。



6:あなたは自分の家が好きですか?どの場所が好きですか?

クリア・ブレッカン:

自分の家、もしくはアパートのようなものを持っていませんが、アイスランドにいる母の庭に自分の部屋を持っています。最高に美しい小屋で、母が手入れした野菜やみどりでいっぱいの本当に素晴らしい庭なんです。どの場所が特に好きかというとその庭にある古いおけ。



7:日本は好きですか?印象はどうですか?それは何故ですか?

クリア・ブレッカン:

何らかの魔法がいつも日本では作用するみたいです。日本で演奏するのは本当に大好き。ただ、一度ある男の子と私とは、結婚しようという気持ちを抱いたのですが、実現しなかった。その間はとても幸せでした。
京都の、Club METROの舞台裏でした。



8:あなたの好きな景色は何ですか?どこですか?どうして?

クリア・ブレッカン:

たった今お話した、私の母の庭。 彼女が27年間、至る所を世話をした庭です。本当にスペシャルなんです。



9:以下、あなたの好きなものをおしえてください。
1日のうちで一番好きな瞬間は?


クリア・ブレッカン:

一息入れるとき。


10:なにかペットを飼っている?

クリア・ブレッカン:

思いどおりにならない自分の髪の毛。


11:子供の頃、何になりたかった?

クリア・ブレッカン:

動物がたくさんいる旅回りのサーカス団で働いている中国人の子供の養親。


12:好きな花の名前は?

クリア・ブレッカン:

野生の花。


13:好きな鳥の名前は?

クリア・ブレッカン:

一番好きなのは Kria(キョクアジサシ)というアイスランドの鳥です。
私はKriaを手本にするべき。本当にすばしっこくて賢いんです。


14:好きな色は 何?

クリア・ブレッカン:

白と黒、そしてすべての変わった夕闇の色。


15:尊敬する職業は?

クリア・ブレッカン:

ライブですごい人。


16:お気に入りの暇つぶしは?

クリア・ブレッカン:

アーチェリーと羊の助産婦。



(This email's interview is current as of July.2009)

--------------------------------------------------

The Credit will read:
Posted with permission from AFTERHOURS.
All rights reserved by KRIA BREKKAN.

KRIA BREKKAN related website LINK:
AFTERHOURS
myspace KRIA BREKKAN
PAW TRACKS

クリア・ブレッカン プロフィール:

アイスランドを代表するグループ、ムームのオリジナル・メンバーとして知られるKRIA BREKKAN(クリア・ブレッカン)ことKristin Anna Valtysdottir(クリスティン・アンナ・ヴァルティースドッティル)。彼女はムーム脱退後、拠点をニューヨークのブルックリンに移し、アニマル・コレクティブのAvey Tareと連名でのアルバム「Pullhair Rubeye」のリリース、ファースト・ネィションのプロデュースを手がけ、精力的に活動。ソロとして活動を開始し、デビュー・シングル「Wildering」をリリース。そして今回 Paw Tracksよりの「Uterus Water [12 inch Analog]」をリリース。日本では AFTERHOURS より7インチ・レコードを発売中。

Questioner : Yukiko Yamaguchi
Translation : Satoko Kawabata, Yukiko Yamaguchi, AFTERHOURS

-----------------------------------------------------------------------
Webmagazine kimbou English ページへ Web magazinekimbou : English
webmagazine kimbou:on line free paper TOP ページへ webmagazine kimbou:home